読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017冬ドラマ感想

20代シングルマザーが2017冬ドラマの感想を書いていきます!

「嘘の戦争」は、第2話からでも楽しめた!〈前編〉

初めまして、管理人のらんです。

昨晩「嘘の戦争」第2話が放送されましたね♪

f:id:sarapan2014:20170110235018p:plain

 

【「嘘の戦争」は、草彅剛復讐シリーズ第2弾。】

 

この言葉から勝手に、

「シリーズもの?前回の放送見てないし分からないだろうな。」

と、第1話を見ずに過ごしていました。

 

でもこれ、シリーズでも何でもなく

完全に新たなストーリーだった・・・!w

 

ということで、第2話からになっちゃいましたが見てみました。

 

 

まず、「銭の戦争」のあらすじですが、

ざっくり説明すると、

主人公の浩一(草彅剛)は、家族を惨殺された過去を持つ天才詐欺師。
犯人を捜し、復讐することを心に固く誓っている。

といったところでしょうか。


第2話のあらすじ&感想を、具体的に説明していきますね♪


第1話で、自身の家族殺害に関わったらしい人物、
ニシナグループ会長の興三(市村正親)に接近を試みた浩一。

会長の誕生日パーティーに参加したのですが、
五十嵐(甲本雅裕)が突然ナイフで会長に襲い掛かります!

浩一はこれをかばい、病院へ運ばれることになってしまったのです。


この件を事故で済ませたいニシナグループは、
顧問弁護士の六反田健次(飯田基祐)を送り込みます。


ここで浩一は、
六反田という名字から、ある人物の存在を思い出しました。

30年前、新聞配達をしていた苦学生の男です。

実は彼がしたウソの証言のせいで、
家族の惨殺は一家心中ということにされたのでした。

浩一は、彼に復讐を誓います。


一方、浩一を治療した二科会長の娘、楓(山本美月)。
彼女は浩一の大きな古傷が気になっていました。

「最近の傷」と説明した浩一ですが、医師の楓は嘘に気づきます。
そして、彼のことが次第に気になっていきます。

 

とりあえず前半はここまで♪

後半はのちほどご紹介しますね♡